今、アトピーに効果のある軟膏の選び方とは

今、アトピーに効果のある軟膏の選び方とは 今の時代、完治しにくいアトピーで悩んでおられる方は増加の傾向を辿っています。
日本人の10%~20%は、アトピー性皮膚炎を患っていると言われています。
この病気は簡単に治る病気ではありません。
なかなか改善しない上に酷いかゆみを持つため皮膚を掻くことが知られています。
その結果、皮膚のただれがおこる場合もあります。
今、ネットでよせられる情報の中には、アトピー性皮膚炎に効果的な軟膏があります。
たとえば、非ステロイド系のものがあり注目されはじめています。
非ステロイド系の薬はステロイド系に比べると依存性は少なく、リバウンドもきわめて少ないことが報告されていますし、使いやすいことがメリットと言えます。
即効性で言えば、ステロイド系の軟膏がより高い評価を得ています。
また抗生物質入りの軟膏も販売されています。
たとえば、ドルマイシンは2種類の抗生物質が配合されていることが知られ、多くの菌に対する抗菌作用をもっています。
アトピー性の皮膚炎を患う方が注意しなければならないポイントとして二次感染の予防も大切ですし、今継続されている治療に効果がでているのかどうかが重要なポイントになります。

アトピーの場合の肌着の選び方

アトピーは強いかゆみを伴ったり、皮膚がジュクジュクしたりする皮膚の疾患です。
肌が敏感になっているため様々な刺激によって症状が悪化することがあり、服の繊維や洗濯した洗剤によっても悪化することがあります。
かゆみがひどい時は皮膚が乾燥していることが多いので、肌着はペタッと皮膚につくようなものは避けた方が無難です。
化学繊維や合成繊維が使用された肌着は夏の暑い時期などに多く使われていますが、速乾性が高く汗などの水分を吸収し外に出す効果があります。
また、静電気を生じることもあります。
アトピーの場合は皮膚が乾燥していることが多いので大事な水分が吸収されてしまう肌着は避けるようにします。
皮膚が乾燥しているアトピーに良いのは綿やコットンです。
綿やコットンは汗を適切に吸収してくれるので肌の水分を保つことができます。
ただ、ジュクジュクしている場合は蒸れてさらにひどくなることがあります。
着替える回数を多くするなどの工夫が必要になってきます。