アトピーにステロイド外用薬を塗布する際の注意点

アトピーにステロイド外用薬を塗布する際の注意点 アトピーになると猛烈なかゆみがおそってきたり、湿疹などができて、かなり気になります。
皮膚科にいくと、ストロイドの軟膏を処方されることも多いですが、劇的に治ることにびっくりしてしまうこともあります。
ステロイドの薬は魔法の薬とも呼ばれ、アトピーの人にとっては特効薬ともいわれていますが、じつはステロイドの薬には副作用もあるので塗るときは充分気を付ける必要があります。
長期にわたってつけていくことによって、皮膚が移植してしまったり硬くなってきます。
また皮膚が薄くなって血管が透けてみるくらい肌が赤くなることがあるので、長期にわたってつけるときは注意が必要です。
副作用が強いので、症状がひどいときはつかって落ち着いたら別の方法で肌の状態をおちつかせるようにしていったほうがいいです。
薬だけでなく食事療法を取り入れたり、体の代謝をよくしたりヨガなどをして自律神経を整える運動をやるのも、効果的といわれています。

アトピーの原因と対処法、知っていますか?

アトピーは、全身の様々な箇所に湿疹やかゆみなどの症状が現れる病気で、その原因は大半が遺伝や体質だと考えられています。
また食生活や日頃のストレス、衣類による摩擦、ハウスダストなど、人によって原因は様々で、その症状も年齢によって異なります。
しかし、はっきりとした原因はいまだにわかっていないのが現状です。
普段の生活の中で、アトピーの改善に期待できる対処法があります。
まず、アトピーの症状の改善のために、入浴で肌を清潔に保つことが大切です。
入浴する際のお湯の温度は、高すぎると肌への刺激が強くなって、炎症やかゆみがひどくなる場合があるので、水で調節して10分前後はお湯に浸かるのが理想的です。
お湯に浸かってリラックスをし、自律神経を整えることは、アレルギー反応を抑えるためには有効だと言われています。
それから衣類の摩擦により、アトピーの症状が悪化する可能性もあるため、化学繊維の服は避けて、できるだけ肌に優しい素材のものを身につけることが望ましいです。
さらに、ハウスダストなども原因の1つだと言われているので、こまめに掃除をすることも大切です。